背中 吹き出物 大量

ちょっと背中がかゆいかな…と手を伸ばしてみたら、
吹き出物らしきブツブツがたくさんできていたことありませんか。
見えない場所だから…、大人になって吹き出物なんて恥ずかしいから、
たかが吹き出物だから…と放っておいていませんか。

 

そのまま見て見ぬふりをしていると最小は少しだった吹き出物が
背中じゅうに大量にできてしまうこともあるのです。

 

ニキビというと顔にできるのはよく知られています。
しかし顔と同じくらい200万個~250万個の汗腺があるといわれているのが
胸や背中なのです。
ニキビは毛穴がふさがれることで皮脂などが毛穴の中に溜まり、
皮脂を好物とするアクネ菌が繁殖することでニキビになります。
つまり、毛穴の数だけニキビになる可能性を持っているのです。

 

背中は汗をたくさんかいています。
しかし汗を拭くときは顔や腕は拭いても背中まで拭くことは少ないですよね。
ですからなおさらニキビができやすくなります。
できてしまったニキビを治そうと一所懸命にごしごしと洗っているのに
なかなか良くならないという話を聞きます。
実はそれは逆効果なのです。
できてしまったニキビをごしごしと洗うと皮膚を傷つけてしまって
ニキビが悪化することがあるのです。
洗うときには優しいくそっとが基本です。

 

先ほどニキビは毛穴がふさがれることでおきるものだとお話ししました。
つまりは毛穴がふさがれないようにすればニキビにはならないという事になります。
その為には「保湿」を行う事が大切です。
なぜなら大人のニキビはお肌が乾燥することで角質が固くなり、
毛穴をふさいでしまっていることがほとんどだからです。

 

私は乾燥肌ではないのに、ニキビが出来る。そういう方もいるはずです。
そんな方は毎日を振り返ってみてください。

  • 食事の偏り
  • ストレスをため込んでいる
  • 日焼けをしている
  • 洗浄力の高いボディーソープを使っている
  • シャンプーの洗い流しが背中についている
  • 洗濯洗剤が合わない
  • 仰向け寝で寝ることが多い

このようなことが原因で背中のニキビが出来るのです。
体中のお肌が乾燥していなくても原因の何かがあると角質は硬くなり毛穴を詰まらせるのです。

 

このような時には「保湿」をすることが1番大切です。
保湿で角質にうるおいを与えて毛穴がつまらないお肌の環境を作るのです。
背中ニキビの保湿には専用クリームがあります。
それらを使うとより効果が出やすくなります。
大量のニキビが出来てしまう前に毎日のスキンケアでニキビを防いでいきましょう。