背中ニキビと吹き出物

お風呂に入っていいる時に背中に違和感を感じたことありませんか。
鏡でよく見たら大きな吹き出物がいつの間にか出来てしまっていた…。
実はこの症状は「背中ニキビ」のことが多いのです。
ニキビというと若いころのものだとばかり思いがちですが、
大人になってからもニキビで悩まされている方はとても多いのです。

 

特に大人になってからのニキビは顔ではなくて、
胸や背中に出ることが多いのです。
胸や背中は顔と同じくらいの汗腺があります。
ですからニキビができやすい場所なのです。
中でも背中は自分の目で確認しにくい場所になるので
気がついたときにはニキビの症状が悪化していて大きくなっていることも多いのです。

 

背中に大きな吹き出物が出来てしまうと何かと生活に支障が出てきます。
車を運転するときに背中がシートに当たると痛かったり、
洋服が当たるだけでも痛みを感じることがあります。

 

こんな背中ニキビからは早くさよならしたいですよね。
大きな吹き出物の原因は、毛穴がふさがれてしまって毛穴の中で皮脂などが詰まっていることで始まります。
皮脂を餌とするアクネ菌はその毛穴の中でどんどん増殖していきます。
初めのころは白っぽいニキビで痛みもほとんどなく気がつかない事も多いです。
しかし時間がたつと毛穴の中の汚れが酸化してきて、黒っぽいニキビになります。
更に時間がたつと、毛穴の中で炎症が起きて赤くはれ上がってきます。
この頃になると痛みがとても強くなってきます。
炎症がひどくなるとニキビの大きさもかなり大きくなってしまう事があるのです。

 

このような大きいニキビを治すには、ニキビの原因を知っておかないといけません。
大人の背中ニキビにはいくつかの原因が考えられます。

  • 仰向け寝による寝汗
  • 洗濯洗剤が合わない
  • シャンプーなどが背中に残っている
  • 脂質や糖分の摂りすぎ
  • ストレス
  • 乾燥肌
  • ボディーソープによる皮脂の落とし過ぎ

などが考えられます。

 

その中でも最近多いのがストレスです。
あなたの生活を振り返ってみて思い当たることはありませんか。
まずは主たる原因を取り除くことが大切になります。
しかし、それ以外にもできることがあるのです。

 

保湿

それは「保湿」です。
大人のニキビは若いころのニキビと原因が異なるように対処も異なります。
お肌の角質が固くなることで毛穴が詰まることがほとんどの為
保湿をすることでお肌にうるおいを与え、
毛穴がふさがるのを防ぐことがとても大切になります。
つまり日々のスキンケアを行う事でニキビが出来にくい体を作ることもできますし、
できてしまったニキビを改善することもできるのです。

 

大きくなってしまったニキビを治すにはそれなりの時間がかかります。
大きく目だったりするとすぐに消したい気持ちは分かりますが
まずは時間がかかることを念頭に置いて毎日のスキンケアを行いましょう。
背中ニキビ専用の保湿クリームが販売されているので
そういったものをうまく利用すると更に効果が期待できます。

 

しかしあまりにも痛みが強い時や、症状が良くならない時には
皮膚科を受診することをお勧めします。
見落としがちな背中だからこそ日ごろから気をつけておくように心がけたいものです。
あなたの背中は大丈夫ですか。